もう散らかさない!キッチン雑貨の便利な収納方法3選

壁などの垂直面も活用、ぶらさげ収納

お料理が好きな方にとっては、新しいキッチン雑貨を手に入れるのも楽しみのひとつかと思いますが、悩ましいのは、それが増えてしまったときの収納方法です。今回は、キッチン雑貨の様々な便利な収納方法について、お話しします。まず、収納といえば引き出しに放り込んでおくのが便利ですが、その引き出しも満杯になってしまった時は、垂直面である壁も活用しましょう。キッチンの壁や、収納棚の扉の内側などに、貼りつけ式やネジ式のフックを取りつけて、おたまや計量スプーンなど、引っかけられる穴などが開いた道具をぶらさげておけば、スペースの節約になるし、引き出しの中をかき回して物を探さなくてもすぐに取り出せるというメリットがあります。

つっぱり棚等を使って、見せる収納

上記のようにぶらさげられる雑貨は良いですが、ぶらさげられないキッチン雑貨の収納はどうしたら良いのでしょうか。そこで活用してもらいたいのが、つっぱり式の収納棚です。キッチンの壁に沿って、上と下でつっぱらせて固定させる収納棚は、外から見えてもかわいいキッチン雑貨の収納におすすめです。保存瓶や木製のキッチンツールなど、特にオシャレな見た目のものを選べば、カフェのような収納棚を目指すこともできるでしょう。

取り出しに便利な、区切る収納

引き出しに収納するという、隠す収納法で困るのが、同じ引き出しに色々な種類やサイズのものが混在し、取り出しにくくなることではないでしょうか。ここでは、道具を仕分け出来るような、区切りのあるトレーを引き出し内にセットするのがおすすめです。区切りの大きさや、道具の用途によって仕分けられるし、サイズが揃えば取り出しも簡単です。このようにして、それぞれのキッチン雑貨に合う収納方法を試してみてはいかがでしょうか。お料理がよりスムーズに、楽しくなるかもしれません。

キッチン雑貨を探す時に店頭のショップだけでなく、ネット専門のショップでも希望のものを探すことが出来ます。