たくさんあった!屋上緑化の3つのメリット

ヒートアイランド現象の緩和

ヒートアイランド現象というものを一度は耳にしたことがありますよね。この現象は、都心部の気温が郊外に比べて高くなるという現象で、大都市において顕著にみられる現象です。そこで、屋上緑化にすることによって、蒸散効果を得ることができますから、気温の上昇を抑えることができます。また、間接効果として、遮熱効果があり、建物の中の熱負荷を低減させるという効果も期待することができます。これによr、冷房の量を減らすことができ、省エネにも貢献できます。

建築物を保護することができる

建物というのは、ある程度年月を重ねると建物の壁面や防水層などが劣化することがあります。なぜ、劣化してしまうのかというと、酸性雨や紫外線などが原因として考えられます。もし、建物の屋上を緑化したり、壁面を緑化すれば、こうした劣化を防ぐことができます。屋上緑化をすれば、建物が直接外気にさらされることがなくなり、建物の亀裂や中性化などを抑えることによって、建築物の耐久性を高めることができるので、建物のメンテナンスにかかるコストを抑えることができます。

雨水流出を緩和することができる

都市部は土やコンクリートが少なく、アスファルト面が多いです。ですから、もし、このような場所にゲリラ豪雨など急な雨が降った場合に、都市型水害が起こることがあります。土があれば、こうした水を吸収してくれますが、アスファルトでは雨水を吸収することはできません。屋上緑化の場合は、土の上に植物を植えることになるわけですから、大規模な屋上緑化により、雨水の流出が減少し、都市型水害の問題を軽減することができます。

屋上緑化の目的は、単に外観を良くするというだけでなく、緑を植えることにより建物の断熱を図るという、環境問題の解決に手を貸すという意図もあります。